【Breguet/ブレゲ】 “荘厳なる傑作タイムピース3選”

2020.10.18 
Breguet(ブレゲ)

2020年10月14日に九州唯一となるサロンを大丸福岡天神店にオープンする『Breguet/ブレゲ』。

 

天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲがパリのシテ島にて1775年に創業し、瞬く間にフランスの貴族たちを虜にした同ブランドは”時計の進化を2世紀早めた”とも称えられる一大ウォッチブランドです。

 

このブレゲ サロン リニューアルオープンを祝し、 ブレゲ サロン 大丸福岡天神店では10月14日(水)から10月20日の期間でリニューアルオープンフェアを開催致します。

 

新たな店内ではクラシックやトラディション、マリーンはもちろんのこと、貴重なトゥールビヨンや華やかなレディースモデルなど、国内でも最大級の展示数と展示スペースでゆったりとご覧いただけます。

 

本日は、その際に展示される貴重かつ荘厳華麗なタイムピース達を少しだけご紹介いたします。もちろんご紹介するモデルの他にも数々のタイムピースを店頭ではご覧いただけますので、ぜひお気軽に「ブレゲ サロン 大丸福岡天神店」まで足をお運びください。

 

 

1.Classique Tourbillon Extra-Plat Squelette 5395  Ref.5395BR/1S/9WU ¥26,829,000(税込)

 

さて、まずご紹介するのはリニューアルオープンフェアのイメージモデルでもある「クラシック トゥールビヨン エクストラ フラット スケルトン 5395」です。

 

元々はブレゲが発明した超複雑機構である“トゥールビヨン”を約3ミリほどの厚さしかない極めて薄いムーブメントに組み込んだ芸術的な一本で、現代のブレゲが持つ高度な時計製造技術と装飾技術が余すことなく堪能できる至極のタイムピースです。

 

 

美しいギョウシエ装飾を施す為にメインプレートとブリッジはホワイトゴールドを素材に使用。また、薄型化とムーブメントを視覚的に魅せることが可能となるプラチナ製のペリフェラルローターを搭載しています。

 

実に美しいこの時計は芸術性もさることながら80時間のパワーリザーブによる実用性も兼ね備えており、脱進機やひげぜんまいにはシリコンを使用することで耐磁性も確保しています。まさにブレゲの“今”を体感できる傑作トゥールビヨンです。

 

 

2.Marine Tourbillon Équation Marchante 5887  Ref.5887PT/Y2/9WV ¥27,434,000(税込)

 

次にご紹介するのは、天才時計師と呼ばれるブレゲがスケッチを描くも当時は実現出来なかった“イクエーション・オブ・タイム(均時差表示機構)”を実現した伝説的タイムピースで、個人的に最も入荷が楽しみだった「マリーン トゥールビヨン エクアシオン マルシャント 5887」です。

 

この“イクエーション・オブ・タイム”とは、正午に太陽が南に昇る際に実際に真南に到達する「真太陽時」と時計が示す「平均太陽時(正午)」のズレを示す機構の事で、17世紀後半にこのズレが確認されたことで一気に需要が高まったとされています。もちろん現代では使うことのない特殊機構なのかもしれませんが、アブラアン-ルイ・ブレゲが成しえなかった偉業を現代の技術により実現したというロマンには言葉には出来ない魅力があります。

 

 

これだけの複雑機構をクラシックやトラディションではなくマリーンに搭載したのは、18世紀の船乗り達にとって均時差表示が現在地を正確に知る手段として重要だったという歴史的背景からです。また、この「マリーン エクアシオン マルシャント」に耐衝撃性を持たせたことを考えると、現代のブレゲはこの時計を“実際に”海上で使用することを想定して設計したとしか考えられません。

 

ムーブメントに刻印されたフランス海軍の旗艦「ロワイヤル・ルイ」や、ぜんまいを収めた香箱の「羅針図」は手作業で刻印されており芸術性も最上と言える1本。17~18世紀に活躍した船乗り達のニーズに応えた歴史を跨ぐタイムピースです。

 

 

3.Tradition Quantième Rétrograde 7597  Ref.7597BB/G1/9WU ¥4,598,000(税込)

 

この「トゥールビヨン レトログラード デイト」は、歴史的にも最重要作品の一つとされる傑作懐中時計「スースクリプション」からインスピレーションを受けた「トラディションシリーズ」の新作として今年発表されました。

 

同シリーズの特徴でもある美しい左右対称のデザインはそのままに、視認性の良いレトログラード式の日付表示を3時と9時の間に設置。レトログラード針は特殊な形状に曲げられており、優雅かつ立体的なムーブメントの駆動を邪魔することなく動作します。

 

また、オフセットされたダイヤルには特徴的なブレゲ針や手作業で施されたギヨシェ彫り等、ブレゲ初期の懐中時計「モントレ・ア・タクト」をイメージしたブレゲらしいダイヤルデザインが採用されており、現代的なムーブメントと古典的なダイヤルデザインが絶妙なバランスで共存した素晴らしい作品です。

 

 

搭載するムーブメントはCal.505Q で、脱進機やひげゼンマイにはシリコンを採用したことで実用的な耐磁性を確保。トランスパレント化された裏蓋から覗くゴールド製ローターは、アブラアン-ルイ・ブレゲが世界で初めて開発したとされる自動巻機構「ペルペチュエル」の回転錘を連想させます。

 

ムーブメント側から時計を見てもダイヤル側と同様に“クラシック”と“モダン”が共存した珍しいデザインです。決して雑多な印象はなく、むしろ洗練されたイメージなのは現代ブレゲが時計製造技術だけでなく、高い芸術性を持ち合わせた最高峰のウォッチブランドであることを再確認できる名作だと言えます。

 

さて今回ご紹介した時計以外にも、ブレゲ サロン 大丸福岡天神店では新作や人気作を中心に日本最大級の展示数で皆様のご来店をお待ちいたしております。ぜひ一度大丸福岡天神店まで足をお運びくださいませ。

 

 

 

(文・写真/甲斐優一郎)