【Grand Seiko/グランドセイコー】 スポーツコレクション GMT HI-BEAT 36000(SBGJ237)

2020.07.08 
Grand Seiko(グランドセイコー)

今回ご紹介するのは、実用時計の最高峰『Grand Seiko(グランドセイコー)』の2020年最新作「SBGJ237(Sport Collection)」です。

 

世界経済の相場変動に影響をあまり受けないハイオロロジーなウォッチブランドということで、国産時計の雄ともされるグランドセイコーは国内のみならず世界中から注目を集めています。

 

そんな要注目の国産ブランド『Grand Seiko(グランドセイコー)』の人気コレクション「スポーツコレクション」に、GMT機能を搭載した新作が登場しました。

 

gs_daimaru_fukuokatenjin_sbgj237_1

Grand Seiko/グランドセイコー Sport Collection  GMT 36000 HI-BEAT Ref.SBGJ237 ¥720,000+税

 

マスターショップ限定で販売されるこのモデルは、その特別感もさることながら高い実用性を持ち、ムーブメントの信頼性やケースの堅牢性、実用に向いた20気圧の防水性など、必要なスペックを兼ね備えています。

 

ブルーとホワイトで彩色されたサファイアクリスタル製のベゼルを採用することで3つのタイムゾーンを表示可能としており、そのベゼルのカラーリングと深いブルーのダイヤルがクールかつ紳士的で、これからのシーズンに大活躍間違いなしの一本です。

 

 

針はドルフィン型に近い針、ユーティリティなバーインデックスにデイト表記を備えたシンプルなデザインです。

 

配色の美しいサファイアクリスタル製のベゼルは、視認性の観点からブルーとホワイトの境目を数字上ではなく少し下目にセットしています。基本的にグランドセイコーの製品は“高い実用性”が前提となっていますので、いかに見やすく、使いやすくするかを考えた結果のデザインだと言えそうです。

 

gs_daimaru_fukuokatenjin_sbgj237_3

 

ケースサイズは44.2㎜。

数字を見ると結構な大きさをイメージされる方も多いとは思いますが、太めの幅でデザインされたGMTベゼルの影響もありダイヤルサイズは比較的コンパクトな印象です。とはいえ腕に乗せてみるとかなりの存在感がありますので、腕周りは16㎝以上あった方が収まりは良いかと思います。

 

gs_daimaru_fukuokatenjin_sbgj237_6

 

厚みは14.4㎜。

しっかりした厚みは20気圧の防水性を確保するためですが、全体の立体感が出るため高級感を感じさせる効果も担っています。

 

リューズは4時位置にセットされており、誤作動防止および腕への接触を防いでくれています。ダイバーズウォッチではよく見かけますが、GMTでは珍しいデザインです。

 

gs_daimaru_fukuokatenjin_sbgj237_5

 

裏蓋はスクリューバック式を採用し、防水性は20気圧を確保。獅子の刻印が入ったシンプルな仕様です。(写真は編集でシリアルナンバーを隠しています。)

 

搭載するのは36000振動の自動巻きムーブメント「Cal.9S86」で、日差-5〜+3秒および55時間のパワーリザーブを持ちます。

 

gs_daimaru_fukuokatenjin_sbgj237_8

 

国産時計の雄とも称されるグランドセイコーの新作GMTは、世界を股にかけるビジネスマンにお勧めしたいハイエンドウォッチです。

 

ぜひ一度大丸福岡天神店にて実機をご覧頂ければと思います。皆様のご来店を心よりお待ちしております。(発売は2020年7月10日予定です。店頭ではサンプル機を展示、予約を受け付けております。)

 

 

◆商品詳細はこちらから→https://watch-fukuoka-tenjin.com/product/grandseiko/sports/sport-collection-gmt-36000-master-shop_limited/

 

◆Grand Seiko公式サイト内商品ページ→https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgj237

 

(文・写真/甲斐優一郎)