【Jaeger-LeCoultre/ジャガー・ルクルト】 マスター・コントロール ・デイト(4018420)

2020.07.22 
Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)

今回ご紹介するのは、“グランメゾン”とも称される一大ウォッチブランド「Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)」の2020年最新作「マスター・コントロール・デイト」です。

 

1940年代から50年代の時計をモチーフとしたであろうノスタルジックさすら感じられるレトロなデザインのこの時計は、同社が誇る名機Cal.899の大型アップデートにより高い実用性を兼ね備えた素晴らしい作品に仕上がっています。

 

これまでのCal.899系がどう進化を遂げたのか、今回はデザインだけでなく搭載するムーブメントにも焦点をあててご紹介していきます。

 

jaeger_lecourutre_daimaru_fukuoka_master_control_date_2020_04

Jaeger-LeCoultre/ジャガー・ルクルト Master Control Date Ref.4018420 ¥724,000+税

 

シンプルかつ薄型の自動巻ということでビジネスシーンやドレスシーンでの活躍が期待できるこのマスター・コントロールは、1992年の登場以来これまでケースサイズの変更はあったものの大きくデザインが変わることなく、多くの時計愛好家の人気を集めているコレクションです。今作はそのシンプルなデザインはそのままに、よりアンティーク感を感じられるディテールが随所に織り込まれています。

 

 

針はドレスウォッチの王道であるドルフィン型、洗練されたイメージのある楔形のインデックスに12、6、9の飛びアラビアインデックスを合わせることで若干のカジュアルダウンを図っています。もちろんカテゴリ的にはドレスウォッチなのですが、シンプルなデザインの時計がカジュアルなファッショナブルウォッチとして定着しつつある現代においてオフシーンでも着用できるデザインであることは大きなメリットだと思います。

 

また、丸みを帯びたボンベイ型ダイヤルにより全体的に温かみを感じるアンティーク調のデザインになっているだけでなく、小さめのブランドロゴが上品な印象をさらに高めてくれています。また、このボンベイダイヤルはムーブメントのケーシングにおいて薄型化を図る手段としても有効だとされています。

 

 

 

ケースサイズは40㎜と実用的なサイズです。また厚さも8.78mmと薄型なので腕周りが細めの方でも品よく着用いただけます。(写真:腕周り約15㎝)

 

昨今、シャツの袖元に引っかかることなくスマートに収まる薄型の時計の人気が高まっていることもあり、ビジネスシーンでは特に重宝する時計になりそうです。

 

 

 

裏ブタはトランスパレント化されており、名機Cal.899系の進化版となるCal.899ACの駆動を見て愉しんで頂くことができます。

 

この名機Cal.899は実に多くの時計に搭載されていることで知られていますが、時間合わせ時の針飛びやパワーリザーブが短いという弱点がありました。しかし、ジャカー・ルクルトは今作に搭載されるCal.899ACにてその弱点を克服し、さらにいくつかのアップデートを加えています。

 

このCal.899ACの主な改良点は以下の通りです。

 

 

①シリコン製脱進機の採用。

これによりエネルギー消費を抑えるだけでなく、摩耗を抑えることができます。磁気に対しても少なからず耐性を持つと考えられます。

 

②ローターのベアリングをセラミックに変更。

摩擦と摩耗の防止及び回転効率の向上を図る目的です。より実用性を考えた仕様に変更されました。

 

③歯車の固定ねじにチタンを採用。

通常ステンレスを使用する歯車の固定ネジをチタン製に変更。耐磁性の向上及び耐久性の向上を図っています。

 

④70時間のパワーリザーブを確保。

Cal.899では約43時間ほどだったパワーリザーブを主ゼンマイを改良することで、より実用性の高い70時間まで伸ばすことに成功しました。

 

 

これを見ると全体的に実用性の向上が大きなテーマになったようで、ドレスウォッチらしからぬ高い実用性により特別な日のみならずデイリーユースにもおすすめできるスペックを持った作品となっています。

 

 

 

今作にはクロコダイルやアリゲーターの革ベルトではなく、フランスのタンナー「アース社」が手掛けるベルベットのようなニュアンスと非常に快適な質感をもったノボナッパ®カーフストラップが装着されています。

 

ヴィンテージ感のなかにも質の良さを感じられるナチュラルトーンの高品質のレザーは、柔らかさやしなやかさだけでなく、内部に沢山のオイルを含んでいますので光沢や色の変化といったエイジングも楽しめます。もちろんブラックやブラウンの鰐革を装着することで、さらに上品なドレスウォッチに昇華することも可能です。

 

ビジネスシーンやドレスシーン中心に様々なシーンに対応が可能なシンプルなデザインかつ、名機Cal.899の弱点を克服した新たなCal.899ACによる高い実用性を持つジャガー・ルクルトの注目作です。ぜひ一度、大丸福岡天神店 東館4階時計サロンにて実機をご覧ください!

 

 

◆商品詳細はこちらから→https://watch-fukuoka-tenjin.com/product/jaeger-lecoultre/master/master-control-date/

 

◆ジャガー・ルクルト公式サイト内商品ページ→https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/watches/master/master-control-date/4018420.html

 

(文・写真/甲斐優一郎)